大道塾 朝倉支部日記
打撃系総合武道 『空道』 ≒ 「空手道」+「柔道」  福岡県朝倉市の城下町秋月で武道指導する男の雑感
黙想~!
稽古の始めと終わりに、正座をして黙想。
他のスポーツには無い、武道独特のモノのように思います。

「始めに稽古の目標を定め、終わりにその日の稽古を反省する」と言う人もいるけど、
わずかな時間で、なかなか出来ることでもありません。

静かに座る、ただそれだけに意味があるように思います。

P1060535 - コピー

空道・空手道は、一見すれば殴り合い、暴力とも取れます。
思い切り体を動かす時と、やめる時。
大きな声を出す時と、静かにする時。
「動」と「静」の区別が出来てこその武道で、
「動」だけならタダの乱暴者、
「静」だけでは物足りない。

稽古の前後に、背すじを伸ばして静かに目を閉じる。
「日常」から、人と殴り合う「非日常」へ、
「非日常」から、また「日常」へと
スイッチが切り替わるようで、
結構好きです。


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 大道塾 朝倉支部日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.